高岡で万葉集ゆかりの風景を巡る

 

水と匠の記事を書きました。

mizutotakumi.jp/stories/326

奈良育ちの大伴家持が、富山の雄大な山や海、流れの急な川など、奈良とは違う自然の姿に触発され、多くの歌を詠んだという話には多いに共感するところがありました。

特に、季節感の違いから自然の姿の違いに開眼したということには、切実に共感しました。

ぜひご笑覧ください。