きせつのさがしもの|薄氷本舗 五郎丸屋

 

コピーライト:リーフレットの詩と文章
design:51%

 

硝子造形作家 山本舞衣の作品に五郎丸屋16代渡邊克明が触発され、
アートピースを食べる魔法のような琥珀糖が生まれました。

季節の移ろいのなかにある日々の実感や、一瞬のなかに永遠をみる東洋的な時間感覚を
琥珀糖がたどる変化に重ねて表現しています。

 

 

きせつのさがしもの

朝の風の匂いに
季節の移ろいを知った

硝子と、固めた砂糖水を
つらぬく理に気づいたのは

ギムレットの数寄を
丁寧に噛み砕いていたとき

どんなに良い時ときも
流れてしまう

よろこびもかなしみも
わたしもいつか溶けて、
小さな粒へかえるときまで

さがしている、
とらえようにない巡り
つかむと離れていくものを

よく見て、よく聞き、
うつした一粒の
それ以上はない
存在の価値の不思議