いろこよみ「栗梅」2019秋

鬼皮を剥いて、何度か茹でこぼしてから砂糖を入れて煮込むと、煮汁に滲み出る濃厚な赤み。名前からして美味しそうな「栗梅」という色を知ったとき、これは栗の渋皮煮の色だと思った。 栗梅とは赤みのある栗色のことで、「栗色の梅染」が略されたものだという。栗色の布をさらに梅の幹を刻んで煎じて煮出した汁で染めて、赤…

2019年11月07日

まずはこれ1冊あれば

『もこもこもこ』 たにかわしゅんたろう さく もとながさだまさ え 文研出版   赤ちゃん向けの絵本て、情報量が少なくて、うーんこれ買うかなあ?と思ってしまうものがけっこう多い中で、音で楽しむ系、擬音が気持ち良い系の絵本は、これ1冊あれば!と思う。 もちろん子どもの好みで何冊あってもいいと…

2019年11月07日

話しかけること、謝ること

  10月29日(火) あいかわらず娘がかわいい。 とても穏やかな性格で、理解が速くて、今のところ、とても育てやすい、タイプだと思う。これはほとんど娘のもって生まれたものだろうけれど、やってきたことで、良かったんだろうなあと思うのは、お腹にいるときから生まれて今日まで、ずっと話しかけてきた…

2019年11月06日

かわいいなあ

  娘が「ちえちゃ!」とか「パパ!」とか、人を呼ぶようになった。 「ちえちゃ、いない」「パパ、声」「なかにはいっちゃった」「これいいねえ」など二語文も言うようになって、またひとつ人間味を増した。 どんどんかわいくなる。今がピークなのかなあというピークをどんどん更新している感じ。 今朝は自分…

2019年10月29日

子どものつむじは甘い匂い

  OKOPEOPLEというnoteのマガジンで子育てと匂いに関するエッセイを書いています。 「子どものつむじは甘い匂い」 https://note.com/chieyabutani 麻布香雅堂さんのOKO CROSSINGというプロジェクトの中の企画に参加しているものです。 月1回の更新…

2019年10月16日

氷見の定置網漁について

  水と匠の記事を書きました。 寒ブリを呼び込む天の恵 「越中式定置網」と氷見の魚が美味しい理由 富山の魚は美味しいです。 その美味しさにはいくつもの理由があるのでした。 これから魚がどんどん美味しくなっていきます。ぜひ富山へ!   photo:Yasushi Nakamura

2019年10月16日

こきりこ

  9月23日(月・祝) 秋分の日。今日から夜の方が長くなる。ああもうほんとう、冬至に、一年の終わりに近づきつつあるなあ。 毎日少しずつ子どもの髪の毛を切っている。一番長いところの長さは同じでも、段を入れると丸っこくなるとか、ふーんなるほどなあーて感じで、すごく面白い。いつの間に髪の毛が全…

2019年10月16日

かわいいー!がわからない

  9月16日(月) 祝日。久しぶりに夫のいる休みの日、金沢の谷口吉郎記念館にいきたかったけれど天気が悪かったので(夫は天気の良い日に写真を撮りたいらしい)、小矢部のアウトレットに行った。 夫が財布を忘れて、わたししか財布を持っていなかったのだが、子どもは店内でおとなしくはなかなかしていら…

2019年09月24日

富山をいいと思う

  9月9日(月) 子どもと家の前の駐車場とか空き地でちょこちょこっと遊ぶというか、ゆっくり帰るというか、そういうふうに過ごす時間があるようになってきていて、娘も朝はまっすぐ寄り道したがらず歩くのが、帰りは寄り道したがる。 子どもだけでちょっとこういう隙間に入って遊んでる、ということはある…

2019年09月19日

棟方を支えた民藝の寺「光徳寺」

  水と匠の記事を書きました。 https://mizutotakumi.jp/stories/334/ 富山はお寺さんが文化をつくってきたという土地だと思います。 先日福光美術館の棟方志功展で、棟方と光徳寺の高坂貫昭さんとその家族が「華厳松」の前に座っておられる写真をみました。 貫昭さん…

2019年09月12日